アルトコイン メリット デメリット

アルトコインのメリットとデメリットを知りたい

アルトコインのメリットとデメリットを知りたい

 

アルトコインのメリットとデメリット

 

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨全般を指す言葉です。

 

 

 

仮想通貨は、ビットコインが先駆者であり、ビットコインを発行して管理する手法はすべて公開されており、誰でも知識さえあれば作る事が可能です。そのため、世界には1000以上の仮想通貨があると言われています。

 

 

 

ビットコインは日本でも実店舗で利用可能となり、仮想通貨の代名詞となっていますが、実際にビットコイン以外をまとめてアルトコインと呼ぶ程度には、ビットコインが中心です。

 

 

 

アルトコインの多くは、ビットコインのデメリットを補ったり、新しい価値を付加したりして開発されます。その特徴が市場で認められると、価格にも反映するという仕組みです。

 

アルトコインのメリット

 

アルトコインのメリットはこれからの可能性が秘められているという点でしょう。

 

 

 

ビットコインは価格が落ち着いたと思ったら、ハードフォーク問題によって価格が乱高下することがありますが、アルトコインは有名でない分、価格はこれから上がることが期待できます。

 

 

 

大きな伸びしろを持っているというのがアルトコインのメリットでしょう。ビットコインに次ぐ仮想通貨としてイーサリアムやリップルなどがありますが、これらが実際に価格を上げたのは2017年に入ってからです。

 

 

 

2017年1月から半年でそれぞれ価値は20倍以上に膨らんでいます。可能性があるというのがアルトコインの魅力でしょう。

 

アルトコインのメリットとデメリットを知りたい

 

アルトコインは、このように「まだ世間では価値が認められていない」という点に魅力があります。いったん価値が付き始めると、どんどん価格を上げていくのがメリットです。

 

 

 

ビットコインも価格を上げますが、一気に2倍や3倍になるということは、今後は考えにくいでしょう。

 

 

 

アルトコインにはその可能性があります。価格変動の幅も大きいため、買った次の日には価値が10%以上も上がるということが頻繁に発生します。ハイリスク・ハイリターンですが、やり方次第では大きな儲けが出ることが期待できます。

 

 

 

 

アルトコインといっても種類は1000以上あり、それぞれに価格が付けられていますが、実際にはあまり価値のないものもあります。こういったコインを「草コイン」などと呼んでいて、草コインを買っても儲けは出ません。

 

 

 

また、仮想通貨はビットコインが中心です。ビットコインに悪影響が出ると、仮想通貨全体に影響が及びます。ビットコインで問題が発生すると、他のコインも影響を受けるという点がデメリットとも言えるでしょう。