ビット コイン キャッシュ メリット デメリット

ビットコインキャッシュのメリットとデメリット

ビットコインキャッシュのメリットとデメリット

 

ビットコインキャッシュ

 

今や世界では数多くの仮想通貨が誕生しています。一説によれば世界には1500を超える仮想通貨があるといわれています。

 

 

 

ビットコインはその代表例ですが、現在ではそのビットコインから分裂した別の仮想通貨も取引されています。

 

 

 

その筆頭がビットコインキャッシュという仮想通貨です。ビットコインキャッシュはビットコインの問題点を改善した仮想通貨として注目を集めています。ビットコインにはないメリットがあるとともに、ビットコインでは見られなかったデメリットも存在します。

 

ビットコインキャッシュのメリット

 

ビットコインキャッシュのメリットの最も大きなものは、ブロックサイズがビットコインの8倍の8MBあるということです。ビットコインでは取引を行うために約10分ごとに作られるブロックにいわば記帳しなければなりませんでした。

 

 

 

これにより誰でも取引を見ることができ、公正で不正のない取引が可能になるからです。ビットコインではこのブロック一つ一つが1MBとなっています。

 

 

 

しかしビットコインが世界中で普及するにつれ、取引の量が膨大になりこのブロックの形成が間に合わなくなりました。そのため送金するのにとても時間がかかる、手数料が高くなる、といった弊害が生じたのです。

 

ビットコインキャッシュのメリットとデメリット

 

そこでビットコインキャッシュが誕生し、ブロックサイズを8MBにすることでこの送金にかかる時間を減らし、手数料を安くすることに成功しました。海外に送金することが多い会社にとっては大きなメリットです。

 

 

 

加えてビットコインキャッシュはまだビットコインほど高騰していないので、これから高騰する仮想通貨に投資したいという方にピッタリです。実際将来的にはビットコインキャッシュがビットコインに取って代わるだろうと予想する人も少なくありません。

 

ビットコインキャッシュのデメリット

 

一方でビットコインキャッシュのデメリットもあります。まずビットコインほど認知されておらず、支払いに使用できる場所が存在していないということです。ですから店舗などでビットコインキャッシュを使って支払いをすることはできません。

 

 

 

これからビットコインキャッシュを購入しようという人は、今のところ投資目的だけで購入せざるを得ないのです。もちろんこれから高騰する可能性がある仮想通貨ですから、無理のない範囲で購入しておく価値はあるでしょう。

 

 

 

しかし現在ビットコインキャッシュによく似た仮想通貨が他にも複数発生しています。そちらの方が人気が出てしまうとビットコインキャッシュの価格が下落する恐れがあります。こうしたデメリットがあることも覚えておきましょう。

 

「2018年現在」