ビットフライヤー メリット デメリット

ビットフライヤーのメリットとデメリットは?

ビットフライヤーのメリットとデメリットは?

 

ビットフライヤーのメリット

 

ビットフライヤーは日本国内では最大の仮想通貨取引所で、ユーザー数や資本金のレベルでもナンバーワンの取引所です。他の取引所に先駆けてテレビのCMや新聞の広告を打つなど、仮想通貨の認知度アップに貢献している業者です。

 

 

 

出資しているのは、三井住友銀行グループやみずほ銀行、三菱UFJキャピタルなど大手の金融機関です。安心感という点では、日本では最も高いと言っていいでしょう。

 

 

 

仮想通貨の取引所はベンチャー企業という認識も広がっていますが、ビットフライヤーは大手企業がバックボーンにあるので、何か問題が発生しても責任を持って対応してもらえると推測されます。

 

 

 

実績も確かですし、初心者が仮想通貨を知るのに役立つ会社です。仮想通貨は投資対象としてだけでなく、生活の現場でも買い物に役立てることができます。

 

ビットフライヤーのメリットとデメリットは?

 

そもそも、仮想通貨の開発は世界の人たちの流通をもっと便利にするというのがコンセプトです。とはいっても、実際に買い物で使える場面はまだあまり多くありません。

 

 

 

代表的なリアル生活での仮想通貨の利用は、ビックカメラのビットコイン決済が有名です。スマートフォンを使ってビットコインによる決済で買い物ができます。

 

 

 

このシステムはビットフライヤーのものであり、他の取引所にビットコインを預けていても、支払いはできません。この目的のためだけにビットフライヤーに口座を開設する意味はあるでしょう。

 

 

 

今後は仮想通貨の利用は拡大していくことが推測されています。最新の買い物スタイルを試せるというのは、大きなメリットでしょう。スマートフォンの画面も見やすく、使いやすいサイト作りに徹しています。

 

ビットフライヤーのデメリット

 

ビットフライヤーのデメリットとしては、取扱通貨の種類が若干少ないという点でしょう。

 

 

 

ビットコインの他はイーサリアム、ライトコイン、モナコイン、リスクなどです。話題のネムやジーキャッシュの取扱はありません。この点を不満に思うという口コミ評価も数多く寄せられています。

 

 

 

また、他の取引所に比較して若干手数料が高いのもデメリットでしょう。どの程度の頻度で取引をするかは個人差がありますが、毎日売買をするのであればビットフライヤーは不向きです。

 

 

 

2018年初頭は、コインチェックの不正取引で話題になりましたが、ビットフライヤーでは他の業者に先駆けて補償制度を導入しています。

 

 

 

仮想通貨取引所は数多くありますが、補償制度をしっかり整備しているところは少なく、この点は高く評価されています。