ビット フライヤー fx メリット デメリット

ビットフライヤーfxのメリットは?デメリットはあるの?

ビットフライヤーfxのメリットは?デメリットはあるの?

 

fxのメリットとデメリット

 

ビットフライヤーは仮想通貨の取引所として日本最大と言ってもいい規模です。ユーザー数や取引量で国内ナンバーワンの地位を占めています。

 

 

 

人気の要因として、単に仮想通貨を取引できるというだけでなく、fx取引も可能という点があるでしょう。

 

 

 

fxは証拠金取引で、自分の資産を何倍にも膨らませた状態で取引をすることによって大きな利益を得る手法です。外国為替の両替によるfxがありますが、これと原理は同じです。

 

ビットフライヤーが提供するfx

 

ビットフライヤーが提供するfxのメリットはレバレッジが15倍と高めに設定されていることです。

 

 

 

レバレッジとは信用取引とも言われるトレード手法で、自分の資産を証拠金として預けて、それをレバレッジで定めた倍数を掛けた額を取引に利用するものです。たとえば10万円をビットフライヤーに預けて、それに15倍のレバレッジを掛けると150万円の金額で投資することができます。

 

 

 

少額でも利益を生むことができるという点がレバレッジの魅力です。予想と逆に相場が動けば、その分損失は大きいですが、もし予想通りに相場が動いて、それが大きければ短時間で利益を獲得できます。

 

 

 

fxは要するに両替です。たとえば1BTCが100万円のとき10万円分のビットコインを買うと0.1BTCが得られます。もし1BTCが110万円になると、0.1BTCは11万円に相当します。

 

 

 

このときに持っているビットコインを売却すれば、10万円の投資で1万円を差益として手に入れることになります。fxは日本円と米ドルやユーロなどと両替して利益を狙う手法が一般的ですが、日本円も米ドルも大きく価格が変わることはありません。

 

ビットフライヤーfxのメリットは?デメリットはあるの?

 

世界経済の安定には、日本円や米ドルの価値が乱高下しないほうが良いですが、fx投資をする人にとっては、大きな価格の変動があるほうが儲けは出やすいです。

 

 

 

ビットコインは、価格が大きく変動する通貨であり、1日で10%程度の値動きがあるのは、むしろ当たり前です。米ドルや日本円では見込めないような、大きな変動が期待できます。

 

 

 

この大きな値動きのある通貨に対して、さらにレバレッジを掛けて投資し、予想通りに行けば大きな利益が得られます。リスクは当然高いですが、その分当たったときのリターンも大きくなります。

 

 

 

fxのメリットもデメリットも、リスクにあります。もし損失が出たら大きいですが、その分利益が出るときも大きいのがレバレッジです。

 

 

 

ビットコインだけでなく、仮想通貨は全体的に市場が拡大する一方です。大きなチャンスといえるでしょう。