ビットフライヤー 口座開設

ビットフライヤーに口座開設するには?

ビットフライヤーに口座開設するには?

 

アカウント登録と本人確認

 

ビットフライヤーに口座開設するには、まずは初期登録のためのメールアドレスが必要になります。さらに仮想通貨のトレードを行うには、入出金のための銀行口座を登録し、本人確認書類の提示も必要です。

 

 

 

ビットフライヤーの登録で注意したいのは、アカウントがウォレットクラスとトレードクラスの2種類あるという点です。ウォレットクラスでは仮想通貨を預けたりビットコイン決済したりすることができますが、売却はできません

 

 

 

仮想通貨を利用した差益を狙うトレーダーであれば、トレードクラスに登録しましょう。

 

 

 

まずはビットフライヤーのホームページにアクセスします。画面の左上にアカウントを作成する画像が表示されるので、ここからアカウントを作成しましょう。メールアドレスを入力して送信しますが、このときキーワードを入力する必要もあるので注意してください。

 

 

 

メールを登録すると、ビットフライヤーから確認メールが届き、貼られているリンクをクリックするとアカウントが登録されます。

 

 

 

クリックした先にはビットフライヤーのメイン画面の確認ページが表示されます。利用規約やプライバシーポリシーに同意するかどうかを確認されますので、チェックを入れましょう。

 

 

 

最後に「bitFlyerをはじめる」というボタンをクリックします。これで登録は完了です。

 

本人確認

 

この後、本人情報を登録するかどうかを選択します。もし、ビットフライヤーをビットコインなどの仮想通貨の財布として使うのであれば、そのままでも構いません。

 

 

 

トレードをするのであれば、トレードクラスに登録するために本人確認書類を提示しましょう。氏名や住所などを入力して送信し、その次の画面で本人確認書類をアップロードします。

 

 

 

入力する住所などは、後で提示する書類と一致している必要があるので注意してください。本人確認書類として使えるのは、パスポート、運転免許証などです。

 

ビットフライヤーに口座開設するには?

 

注意したいのは、書類と本人が一緒に写っている写真を提示しなければならないという点です。運転免許証などを手に持って、しっかり自分の顔が分かるように写真を撮りましょう。

 

 

 

提示するのは、提出書類と本人が一緒に写った写真と、確認書類そのものです。免許証を使った場合には、裏の写真も必要になりますので注意しましょう。

 

 

 

この手順で本人が確認されると、ビットフライヤーから転送不要のハガキが送付されます。それを受け取ったことが確認されると、トレードクラスに登録されます。