ビットポイント 口座開設

ビットポイントの口座開設での注意点は?

ビットポイントの口座開設での注意点は?

 

口座の開設]

 

ビットポイントの口座開設にあたって注意したいのは、投資経験などの確認があるという点です。その他は、申し込みフォームに入力して登録をし、本人確認をして口座開設するという手順ですので、他の取引所と変わるところはありません

 

 

 

まず公式サイトにアクセスして「口座開設はこちら」というボタンをクリックします。最初に「規約類への同意」があります。規約に同意して先に進むと、氏名や年齢などを入力するページが表示されます。タイプミスに注意して入力しましょう。

 

 

 

次に「口座開設にあたってのご確認事項等」という入力ページが表示されるので、職業や年収金融資産投資経験などについての質問に答えましょう。

 

 

 

正直に申告すべきですが、金融資産の欄は50万円未満を選択すると、申し込みが弾かれることがあるので注意してください。

 

 

 

レバレッジ取引やFX取引では少なくとも50万円の金融資産が必要です。投資経験もまったくないと答えると弾かれるかもしれません。

 

 

 

また、「取引契約締結の主目的」を答える入力欄もあります。仮想通貨の投資で利益を得るという行為は「価格変動による売買益」が目的となります。目的に合致するものを選択しましょう。

 

本人確認

 

次に、本人確認書類を提示して口座を開設させます。ビットポイントでは、写真付き本人確認資料または、写真なし本人確認書類から選択が可能です。

 

 

 

写真付きの資料となるのは、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住基カードの4種類です。このうち1点が用意できれば、それをアップロードするだけで本人確認は完了します。

 

 

 

この4種類を持っていない場合には、写真なし書類のボタンを選択して、これ以外の資料をアップロードしましょう。

 

ビットポイントの口座開設での注意点は?

 

このとき、資料は2点必要なので注意してください。健康保険証や年金手帳、母子健康手帳などに加えて、公共料金か税金、もしくは社会保険料の領収書または納税証明書か住民票の写しが必要になります。

 

 

 

FXや株式トレードの口座を開設したことのある人にはお馴染みの方法です。写真がない証明書の提示では、証明書に記載された住所に本人が居住しているのかを証明する書類として、公共料金の領収書などを提示させるというスタイルです。

 

 

 

これらをアップロードした後、ビットポイントで審査が行われます。仮想通貨取引所で「審査」があるのは珍しく、ここで審査落ちする可能性もあります。審査に通過すると登録完了の通知がメールアドレスに届きます。