コインチェック(coincheck) 入金反映

コインチェック(coincheck)の入金反映には時間がかかる?

コインチェック(coincheck)の入金反映には時間がかかる?

 

コインチェックへの入金方法

 

コインチェック(coincheck)に入金するには、いくつかのやり方がありますが、方法によっては入金反映までに時間がかかることがあるので注意しましょう。

 

 

 

たとえば銀行振り込みでは、使う金融機関によっては入金反映までの時間が違います。コインチェック(coincheck)では入金の確認をスタッフが手動で行っています。そのため、スタッフ側の確認作業に時間もかかります。

 

 

 

入金反映までの時間が短く済むのは住信SBIネット銀行からの送金です。手数料は無料ですし、反映までにおよそ10分程度です。

 

 

 

住信SBIネット銀行はネット銀行ですので、メンテナンス時間でなければ24時間365日振り込みが可能です。ただ、振り込みが早朝や夜中、土日などであるときにはコインチェックの確認作業に時間が必要なこともあります。

 

 

 

住信SBIネット銀行はネット銀行のなかでも処理がスピーディーなことで知られていますが、毎月5日と10日、休み明けには混雑するので通常より時間が取られます。

 

 

 

みずほ銀行やりそな銀行といった実店舗を持っている大手銀行にもネットバンキングがあり、これを利用するのも時間のロスなく入金反映されます。メガバンクは手数料を取られるので注意しましょう。

 

入金反映で最も早いのは

 

入金反映で最も早いのはコンビニ入金です。早朝や夜中、土日祝日であっても、入金してすぐに反映されます。コインチェックへの入金に対応しているのは、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマートです。

 

 

 

入金するには、まずホーム画面の入金手続き画面を表示させます。ここで表示される入金方法の選択画面で、コンビニ入金を選択します。

 

 

 

入金額、氏名、電話番号などを入力して決済申請ボタンを押すと、どのコンビニを利用するのか選択する画面に移ります。コンビニを選択して「次へ」ボタンを押すと、支払金額と企業コードと注文番号が表示されます。

 

コインチェック(coincheck)の入金反映には時間がかかる?

 

この注文番号はコンビニで入金額を支払うのに必要ですので、メモを取っておくかキャプチャーを撮るなどして手元に残しましょう。

 

 

 

番号を控えたら、指定したコンビニに行って情報端末を操作して入金の手続きをします。ローソンならロッピーを使うことになります。端末から申込券が発券されるので、レジで精算しましょう。

 

 

 

コンビニ入金は完了すると、口座にすぐ反映されます。すぐに仮想通貨の取引を始めたいという人にはオススメの方法です。ただし、手数料がかかるのと、入金は29万9500円までと上限が決まっているので注意しましょう。