イーサリアム ビットコイン 違い

イーサリアムとビットコインとの違い

イーサリアムとビットコインとの違い

 

イーサリアムとビットコイン

 

仮想通貨というとビットコインが有名ですが、イーサリアムという仮想通貨も多くの人から支持を集めています。

 

 

 

これから仮想通貨を購入しようという方にとっては興味があるものでしょう。しかしビットコインとイーサリアムは同じ仮想通貨でも多くの相違点があります。ビットコインとイーサリアムの違いとはいったいどんなものなのでしょうか。

 

ビットコインとイーサリアムの概念の違い

 

まずもっとも大きな違いは、ビットコインとイーサリアムの概念の違いでしょう。ビットコインは基本的にお金と同じように用いられます。

 

 

 

決済や支払いなどのために使われるからです。誰もがビットコインを持ち、資産として運用することができます。一方でイーサリアムは多くのサービスを行うためのプラットフォームのことです。

 

イーサリアムとビットコインとの違い

 

もちろんイーサリアムで用いられる仮想通貨イーサによって決済も行うことができるので、イーサリアムはビットコインの機能をさらに拡張したものということができるかもしれません。

 

 

 

世界中の多くの人が今でもイーサリアムの開発を続けており、新たなアプリケーションやサービスの開発をイーサリアムで行うことができます。どんどんと機能が拡張していくという点でイーサリアムはビットコインと大きな違いがあるのです。

 

スマートコントラクト

 

続いてイーサリアムとビットコインの違いはスマートコントラクトです。スマートコントラクトとは取引上の契約などをすべて自動的に記録することです。これはとても重要なポイントです。

 

 

 

ビットコインの場合、ブロックチェーンが用いられ取引の内容が記録されますが、その契約内容までは記録されません。一方でイーサリアムは契約内容まで自動的に記録されるので、不正を行われる心配がなく安心して取引を行うことができるのです。

 

 

 

世界中の人がいつでも契約内容まですべて確認することができるので、誰も不正が行えなくなるということです。現在では契約内容を記録するために公証役場が用いられていますが、将来的にはそれも必要なくなるかもしれません。

 

 

 

またこの契約内容は半永久的にインターネット上に保存されるので、ある時点で契約内容の認識に齟齬が生じた時にも安心です。契約内容をさかのぼってどんな契約が行われたかを確認すればよいからです。

 

 

 

加えてビットコインではブロックが約10分間で作成されるのに対し、イーサリアムは約12秒と非常に早く、送金などの時間がかからないのもビットコインとの違いになります。こうした違いについても良く知っておきましょう。