仮想 通貨 fx 税金

仮想通貨FXでは税金を納めなければいけない?

仮想通貨FXでは税金を納めなければいけない?

 

仮想通貨FXの税金

 

仮想通貨によって利益を得た場合、利益が大きければ大きいほど喜びも大きくなりますが、税金も大きくなります。税金はサラリーマンのように決まった給料に課されるわけではなく、基本的には収入すべてに課されるものです。

 

 

 

当然仮想通貨FXも収入となるので、収入に対しての税金を支払わなければなりません。もし忘れていたり故意に納税しなかったりした場合には、処罰されることもありますので注意しましょう。

 

 

 

基本的には仮想通貨現物売買も仮想通貨FXもかかる税金は同じです。仮想通貨によって得られた所得は雑所得とされ、所得税と住民税の両方が課せられます。

 

 

 

住民税は得られた利益に対して一律10%が課されることになっています。一方で所得税は収入の金額によって課せられる税金額も異なります。

 

 

 

例えば仮想通貨FXによって得た利益が195万円以下であれば控除額はゼロで税率は5%です。

 

 

 

195万円を超える利益で330万円以下であれば9万7500円を差し引いたうえで10%の所得税がかかります。利益が増えれば控除額も税率も上がっていきます

 

仮想通貨FXによって得られた利益は雑所得

 

ここで注意が必要なのは、仮想通貨FXによって得られた利益が雑所得であるということです。

 

 

 

雑所得とは他の所得との損益合算ができない所得とされます。つまり節税がしにくい所得なのです。

 

 

 

唯一行える損益合算は仮想通貨FXによって出た損失です。1月から12月の間にどのくらいの利益と損失が出たのかをしっかり計算して、余分に税金を支払ってしまうことがないように注意しましょう。

 

仮想通貨FXでは税金を納めなければいけない?

 

仮想通貨現物売買の場合には、購入した仮想通貨をそのまま資産として保有していれば税金が発生しないという節税方法がありましたが、仮想通貨FXの場合には他の仮想通貨や法定通貨などと取引して必ず損失や利益が発生するので申告が必要になります。

 

 

 

雑所得の場合、利益が20万円を超えなければ所得税が発生しないとされています。確かに仮想通貨FXで得られた利益が20万円以下の場合、原則として確定申告は必要ありません。ただしこれはサラリーマンのように別の収入があって、副業として仮想通貨FXをしている人の場合です。

 

 

 

他の仕事がなく仮想通貨FXだけの収入しかない方の場合は、たとえ利益が20万円以下であっても確定申告が必要になります。

 

 

 

仮想通貨FXで利益を出して税金を納めなくても数年は大丈夫というケースもありますが、後で追徴課税されることがないようにしっかりと確定申告を行って納税をするようにしましょう。

 

「2018年現在」