GMOコイン メリット デメリット

GMOコインを使うメリットとデメリットは?

GMOコインを使うメリットとデメリットは?

 

GMOコインのメリット

 

GMOコインはGMOインターネット株式会社の関連会社です。GMOインターネットは東証一部上場企業であり、売上高が1300億円に達するという大企業で、金融関連事業でもGMOクリック証券で大きな成功を収めました。

 

 

 

GMOコインはGMOグループで養われた金融事業のノウハウを活かして、安全性の高い取引環境を提供しています。注意したいのは、GMOコインは「取引所」ではなく「販売所」という点です。

 

 

 

取引所は利用者が買値や売値を指定して、マッチングできれば売買は成立するなど、ユーザー同士のやり取りが重視されています。

 

 

 

販売所はユーザーと販売所との間で売買取引が行われるもので、特徴として価格が固定されている点が挙げられます。

 

 

 

価格に納得できれば数量を指定するだけで売買が成立します。取引所よりも売買が簡単というのが販売所のメリットです。

 

GMOコインの特徴

 

GMOコインの特徴は、fxでレバレッジ最大25倍で取引ができる点です。25倍という数字は日本の法律で定められた上限のレバレッジで、これ以上のレバレッジは日本国内では存在しません。

 

 

 

その上限までレバレッジを掛けられるのはメリットと言っていいでしょう。しかも損失が出て口座にマイナスが生じても、追加の証拠金を入金する必要がありません。いわゆる「追証なし」と言われる制度です。

 

GMOコインを使うメリットとデメリットは?

 

もし元手が10万円でレバレッジ取引をして20万円を失っても口座残高がゼロに戻るだけで、10万円の追証は必要ありません。このため、思い切ったトレードに打って出ることも可能なのです。

 

 

 

安心感のあるトレードをスマートフォンでやることが可能という点が、GMOコインのメリットとなっています。提供される「ビットレ君」というアプリは非常に使いやすいことで高く評価されています。

 

GMOコインのデメリット

 

GMOコインのデメリットとして、fxトレードのような現物取引のスプレッドが高いことが挙げられます。

 

 

 

スプレッドは取引環境を提供する販売所が手数料として徴収するもので、これが実質的な業者側の利益となります。スプレッドは低ければ、その分業者の利益を圧縮しますが、利用者とすると低いほうが良いでしょう。

 

 

 

また、相場の状況によって「買い規制」を行うことがあります。買い規制が入ると、その通貨は規制が解かれるまで買うことができません。「ここで買いたい」というタイミングを逃す可能性があります。

 

 

 

こういったデメリット以外では、使いやすく初心者にも利用できる販売所です。