GMOコイン 口座開設

GMOコインに口座開設する方法

GMOコインに口座開設する方法

 

仮口座の開設

 

GMOコインに口座開設するには、まずはメールアドレスを使って仮口座を開設して、そこから個人情報の登録を行い、トレードできる本口座を開設するという流れになります。多くの仮想通貨販売所・取引所と同様です。

 

 

 

まずはGMOコインの公式サイトにアクセスします。画面の右上に口座開設のボタンがありますので、それをクリックしましょう。

 

 

 

移動した画面にメールアドレスを入力して、「私はロボットではありません」にチェックを入れて送信します。フェイスブックやグーグルアカウントでも登録可能ですが、オススメは新規のメールアドレスです。

 

 

 

仮想通貨の取引所・販売所は、まだセキュリティ面で脆弱な面がありますからいつも使っているアドレスやグーグルアカウントなどで登録すると、アカウントをハッキングされるリスクが高まります。

 

GMOコインに口座開設する方法

 

Gメールなら1分で新規アカウントを作成可能です。送信すると、返信がきますので、本文中にあるリンクを選択してパスワード設定をします

 

 

ここでも、なるべく強度の高いパスワードを使いましょう。半角英語・半角数字・記号の3種類を混合させて20文字以上にすると強いパスワードになります。

 

 

 

パスワードを設定すれば仮口座の設定は完了です。仮口座開設が終わったら、次に本口座を開設しましょう。仮のままだと、たとえば仮想通貨の現物売買はできません。

 

本口座の開設

 

本口座の開設には個人情報の登録や本人確認書類の提出が必要です。GMOコインのサイトから、ログインを選択します。メールアドレスとパスワードを入力し、「口座を開設する」を選択します。

 

 

 

表示される画面で名前や住所、生年月日などを入力し、確認画面で間違いがないか確かめましょう。その後は本人確認書類の提示になりますが、GMOコインでは「本人確認書類の画像アップロード」と「受け取り時に本人確認する」という2つから選択できます。

 

 

 

受け取り時の本人確認とは、後から届く書類の配送時に佐川急便などの担当者に免許証や保険証を提示する方法です。どちらを選択しても、後から本人確認書類が郵送されます

 

 

 

ここに「口座開設コード」という6桁の数字が記載されています。このコードを仮口座の画面で入力すると、本口座開設が完了します。その後、電話番号のSMSに送信される確認コードを認証します。

 

 

 

2段階認証と呼ばれる方法で、多少の手間はかかりますが、セキュリティのために必要な作業です。ログインのときにも2段階認証を使うと、口座へのハッキングリスクが低くなります