みんなのビットコイン 口座開設

みんなのビットコインに口座開設する方法

みんなのビットコインに口座開設する方法

 

口座の開設

 

みんなのビットコインも他の仮想通貨取引所と同様、口座開設は最初にアカウントを作成するところから始まります。公式サイトにアクセスして、トップページの右上にある「口座開設」のボタンをクリックすると新規登録画面に移動しますので、口座種類を選択します。

 

 

 

個人で登録するときには個人を選択しましょう。口座を選択すると、次はアカウント情報の登録画面に移ります。ここではメールアドレスとログインパスワードを入力します。

 

 

 

パスワードはログインするときに必要なものですので、忘れないようにメモなどを残しておきましょう。半角数字と英語、記号を組み合わせるとハッキングされにくいパスワードを作成できます。

 

 

 

居住国を選択する欄もありますので、日本を選択すると米国に納税義務がないことを確約するなどのチェックを求められますので、注意書きをよく読んでチェックを入れましょう。

 

みんなのビットコインに口座開設する方法

 

多くの仮想通貨取引所では、ここでメールアドレスに確認メールを送信しますが、みんなのビットコインでは、そのまま個人情報の登録に進みます。

 

 

 

氏名や生年月日などの情報を入力しますが、後で本人確認書類を提示しますので、内容に間違いがないか良く確認しましょう。その後は確認画面と利用規約の内容確認になります。すべて「同意する」と選択しましょう。

 

 

 

個人情報の登録が完了すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。確認メールには、「取引を始めるには本人確認が必要」という記載があります。

 

 

 

本文中のリンクをクリックすると、管理画面が表示されます。管理画面で登録したメールアドレスとパスワードを入力するとチャートや価格表などのメイン画面が表示されますが、まだこの時点では取引はできません。

 

本人確認

 

取引をするには本人確認書類の提示が必要です。本人確認書類の提出は、管理画面の左上にあるアイコンを押します。少し分かりにくい場所にありますが、3本の横線が並んだ部分で、そこの「設定」を選択すると、登録した個人情報が記載されたページが表示されます。

 

 

 

口座開設状況という画面ではステータスが書類提出前になっています。ここで必要書類をアップロードして提出しましょう。書類として使えるのは運転免許証、パスポート、住基カードです。

 

 

 

健康保険証や住民票の写しでも書類とできますが、これらの顔写真無しの書類は2種類以上を提出しなければなりません。アップロードが終わると書類審査が行われます。結果通知は2週間程度かかることもあるので、早めに手続きしておきましょう。