QUOINEX(コインエクスチェンジ) スプレッド 手数料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で取引するときのスプレッドは?手数料はかかる?

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で取引するときのスプレッドは?手数料はかかる?

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスプレッド

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)では基本的に取引手数料は無料となっていますが、通貨ごとに手数料が変わります。無料になるのは利用者の居住地のベース通貨とビットコインのペアの取引です。

 

 

 

日本に居住しているときには、日本円とビットコインの取引で手数料が無料であり、それ以外の通貨ペアで取引すると、約定した金額の0.25%の手数料がかかります。日本円以外の法定通貨を使って取引もできますが、このときも同様です。

 

 

 

多くの人が日本円をベースとして取引することになりますが、アルトコイン取引では手数料がかかると覚えておきましょう。日本円を出金するには500円の手数料がかかります。少額ではありますが、頻繁に出金すると無駄な経費となるので注意しましょう。

 

スプレッドは変動制

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のスプレッドは変動制で、日時によって変わっていきます。この変動はときに非常にめまぐるしいケースがあり、秒単位で変動することも多くあります。どの程度のスプレッドを取引時に適用しているか注目しておきましょう。

 

 

 

ユーザーによると、狭いときのスプレッドは100円を切ることもあるが、広がるときには2000円程度までになるという報告もあります。通常はおおよそ1000円前後で、300円を切ることも良くあり、おおむね他の取引所に比較してスプレッドは狭いと考えていいでしょう。

 

レバレッジ取引も可能

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)では現物取引も行っていますが、証拠金によるレバレッジ取引も可能です。レバレッジは2倍から最大で25倍まで可能で、大きなリターンを狙うこともできます。

 

 

 

レバレッジ取引そのものでは手数料は無料ですが、ポジションを建てたときに1日で0.05%のポジション手数料がかかるので注意しましょう。他の業者でも同様の手数料がかかりますが、0.01%というのが標準で、コインエクスチェンジは若干高めと言えます。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で取引するときのスプレッドは?手数料はかかる?

 

注意したいのは、この手数料は毎日午前7時に区切るという点です。これはニューヨーク市場のクローズの時間であり、午前7時を過ぎると自動的にポジション料が差し引かれますから、節約を考えたらそれまでに決済しておきましょう。

 

 

 

この手数料から考えて、レバレッジでの長期投資には向いていないと言えます。また、コインエクスチェンジでは仮想通貨での送金の手数料はすべて無料です。

 

 

 

送金をスピーディーにするためのサービスを利用する際の手数料はユーザー払いですが、基本的に仮想通貨ベースでの出金が無料というのは、ありがたいサービスです。