リップル メリット デメリット

リップルのメリットとデメリット

リップルのメリットとデメリット

 

リップル

 

仮想通貨は世界中で非常に多く発行されており、仮想通貨を使って巨万の富を築いた人も少なくありません。しかし仮想通貨で成功するためには、これから高騰するであろう通貨を見つけてそれを運用することが必要になります。

 

 

 

ビットコインなどはすでに価格が高騰しており、これから急激に価格が変動するということは考えにくいものです。そこで注目を集めつつあるのがリップルです。リップルはグーグルが出資したということで一躍有名になりました。ではリップルのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

リップルのメリット

 

リップルのもっとも大きなメリットは将来性があるということでしょう。つまり将来高値で取引される可能性がある仮想通貨なのです大きな強みは、送金のネットワークとして用いられるということでしょう。

 

 

 

一般的に日本にある会社から海外にある企業に送金する場合、銀行などを通して送金を行うことになります。その際には通貨が異なるので通貨を変換するために手数料がかかりますし時間もかかります

 

 

 

しかしこの送金時にリップルを使えば、例えば円からドルに直接変換するのではなく、円からリップルへ、そしてリップルからドルへ変換することが可能になります。

 

リップルのメリットとデメリット

 

そうすると通貨を変換する手数料がほとんどあるいは全くかからず、しかも時間も数秒で送金することができるのです。

 

 

 

この画期的なシステムにより、これ以後多くの企業がリップルを決済に取り入れていくことが予想され、将来性がある仮想通貨と言われているのです。

 

リップルのデメリット

 

一方でリップルのデメリットもあります。その大きなものはこのリップルという仮想通貨が中央集権型であるということです。

 

 

 

ビットコインの場合、国の通貨のように管理者が存在していません。そのため、より自由で介入のない取引ができるわけです。しかしリップルにはリップルラボという会社が存在し実権を握っています。

 

 

 

さらに時に大きなトラブルが起こるというのもリップルのデメリットです。リップルで送金を行うためにはIOCという借用書のようなものが必要です。

 

 

 

これはお金を預けた証明書のようなものですが、実際の通貨に換金することもできます。しかしこのIOCが換金できなくなるというトラブルが発生し、多くの人が損害を被りました。

 

 

 

このようにリップルはまだ不安定な要素が多く、トラブルを起こす危険もはらんでいるのです。こうしたメリットとデメリットをよく考慮して、購入するかどうかを検討してみてください。