仮想 通貨 種類

仮想通貨の種類にはどんなものがある?

仮想通貨の種類にはどんなものがある?

 

仮想通貨の種類

 

仮想通貨と一言で言っても、その中にはいろいろな種類があります。

 

 

 

仮想通貨と聞くとすぐに思い浮かべるのがビットコインかもしれません。あまりにも有名で価格の変動がニュースになるほどです。

 

 

 

しかしビットコインは仮想通貨の一つにすぎません。実際には世界中に1500を超える仮想通貨があると言われており、そのほとんどは一般には知られていないものです。

 

 

 

では仮想通貨にどのような種類があるのか見てみましょう。

 

 

 

仮想通貨の代名詞ともいえるものがビットコインです。言わずと知れた世界でもっとも有名な仮想通貨であり、シェアの最も多い仮想通貨でもあります。

 

 

 

市場価値はなんと33兆円を超えています。いまだに価格が上昇し続けている仮想通貨ですから、これから仮想通貨の運用を始めたいという方は、持っておくと良いでしょう。

 

 

 

続いて有名な仮想通貨として挙げられるのがイーサリアムです。市場価値は7兆円以上です。

 

 

 

そもそもイーサリアムとはプロジェクトの名前で、実際の仮想通貨の名称はイーサといいます。

 

 

 

ビットコインが決済などの取引に特化しているのに対し、イーサは保険や不動産などに機能が拡張されているという点で便利です。

 

 

 

さらに近年注目を集めているのがリップルです。これはリップル社が発行している仮想通貨で、世界中の金融機関がリップルとの提携を進めているという点でも魅力的です。

 

 

 

ただしそのことが逆にリップルから個人の投資家を遠ざけているという指摘もあり、今後の動向が注目されます。

 

草コイン

 

こうしたメジャーな仮想通貨に対して、それ以外のほとんどの仮想通貨は名前さえ一般には知られていないものです。そのような仮想通貨を日本では草コインと呼びます。

 

 

 

草コインは今のところまだ市場価値がほとんどありませんが、今後かつてのビットコインのように大化けする可能性を秘めた仮想通貨なのです。

 

 

 

例えばALISという仮想通貨が日本で取引されています。

 

 

 

これはALISに記事を投稿し、読者が役に立つと判断すれば執筆者に報酬を送ることができるというものです。いち早く役立つ記事を見つけた読者にも報酬が支払われるというシステムになっています。

 

仮想通貨の種類にはどんなものがある?

 

もちろんまだまだ市場価値は低く、これから高くなるかどうかはわかりません。

 

 

 

また注目を集めつつあるのがSHIELDという仮想通貨です。

 

 

 

取引が第三者から見えない匿名通貨で徐々に人気が出ているのですが、今のところ大手の取引所で取引されていないので市場価値が低くなっています。

 

 

 

こうした通貨を買っておいて後で高騰するのを期待するという手もあります。

 

「2018年現在」